ISO9001の国際規格を取得|頼りある強力なパートナー

レディ

企業の規格取得

ネットワーク

国際基準のISO規格の中でも代表例的なものがISO9001の「品質マネジメント規格」です。これは、企業が取り扱うモノやサービスの品質を向上させ顧客満足度を高めることを目的とした規格です。ISO規格を取得するためには、まず推進担当者を決め、社長を含め社員全員でISO規格について理解することが必要です。ISO取得によってどのようなメリットがあるか共通認識をしていく必要があります。そして、現状の業務を把握し、作業の流れを整理していきます。ミーティングを繰り返し、マニュアルを作成させます。マニュアルを運用し、見直しを繰り返して社内に内部監査を置き、認定機関の審査を受け、取得という流れになります。

ISO9001を取得することは、その企業に明確化されたルールがあることを示せるものです。第三者の承認を得られなければならないため顧客からの信用を得ることにつながります。文書化された明確なマニュアルを作ることは作業の効率化にもつながり、社員全員で取り組むことによってルールに対する意識や効率よく作業する意識が身に付きます。社員ひとりひとりが意識することによって会社のレベルアップにもなります。しかし、このようなメリットは、継続的に続けてこそ得るものです。また、ルールが分かりにくい、目標が高すぎて現実的でない、一部の社員しか理解していないなど取り組み方によっては社員のモチベーションを下げてしまうこともあります。効果的な規格を作るにはISOを取得すればいいというわけではなく、社員全員で、取り組み方を考えていくことが大切です。

早く規格取得を目指す

IT

ISOを取得する際には品質に対する必要性が非常に重要になってきます。コンサルティングを利用する事によって早い段階での取得が可能となっているのでコンサルティングの強化が必要です。

More...

コンサルティング業者の協力

PCを操作する男性

企業の仕事の品質が世間に注目されるようになりました。利益獲得の能力が優秀でも活動内容に問題があれば、トラブルによって大損をするリスクがあります。特に近年ではISOの規格取得が盛んに行なわれています。

More...

顧客からの信頼度

システム

食品の生産や管理などの業務を行う際はISO22000の取得を必ず行ない、安全性の高い食品を取り扱っていることを証明できるようにしましょう。またISO22000を導入しておくことで、風評被害などを回避することも可能です。

More...